2018年 02月 12日 ( 1 )


子育てインターネット番組の
ナビゲーターを5年もやっているけど
普段、自分を強く
「お母さん」だと感じたことはない

それは多分
わたしは「お母さん」であるまえに
ひとりの人間として
生きていたいという
気持ちが強いからだと思う


★★★★★★★★★★★★★★


のぶみさん作詞の
「あたし おかあさんだから」という曲が
炎上していると聞いて
歌詞をよく読んでみた

著作権の関係で
ここで歌詞をコピーして
載せることは
できないので
各自調べてください(笑)

なるほど…
この歌詞だと
賛否両論出るわな〜

あえて炎上を狙ったのか?
本気で母親が感動すると思ったのか?
それは定かではないけれど…

わたしの率直な感想は
「お母さんってそんな風に見られてるのか〜」という落胆

曲の最後は
それでもお母さんになれて良かった的な
歌詞になっているけど…
これでは
未婚者が「おかあさん」になりたいとは
思わないだろうな〜

ますます少子化になるね^^;

私の場合
独身のころに
ヒールも履いてないし
ネイルも塗ってなかった(笑)

今も朝5時になんて起きないし
ご飯のおかずも
自分が食べたいのと
子ども用の分けて作る

ラッキーなことに
出産後すぐに
お仕事することができて
自分が着たい服を買うことができる

若い頃は
LIVEもバンバン行ったので
今はしっとり落ち着く
コンサートが好き♡

そう、この曲の歌詞は
おかあさんをやっていくうちに
変わっていくんだよ、ということが
描かれていないのだ

おかあさんをやっていくうちに
年も重ねていく

趣味嗜好・気持ちも若いころと変わっていくのだ

もちろん
歌詞の中に出てくるように
おかあさんになってから
諦めることもたくさんあった

行きたいイベントや飲み会を
すべて行くことはできない

子どもが風邪や病気にかかると
すべてをキャンセルしなければならない

でも、そんなことより
100倍以上の
おかあさんになってよかったことがたくさんあった

おかあさんになって
ガマンしてることより

おかあさんになって
しあわせをかんじることのほうに
光を当てようよ

曲の歌詞に出てくるような
切ない時期は
乳幼児期のほんの数年

でも、その数年間が一番
母と子の蜜月期とも言えるのだから


心屋さん流に言うと…
おかあさんだってネイルしたっていい
ヒール履いたっていい
寝坊したっていい
自分の好きなおかず作ってもいい
太っててもいい(笑)
料理手抜きしてもいい

いいおかあさんになろうって
がんばらなくてもいいんだよ〜


a0126418_13431030.png







[PR]
by momonga-ganmo | 2018-02-12 13:49 | 子育て